スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハグをもっとしよう!!スゴすぎる7秒ハグの効果とは?

🦩おすすめ🦩
スポンサーリンク
スポンサーリンク

7秒間のハグ!驚く効果!


体調がすぐれない時少し元気がない時など

お父さんやお母さん、好きな人やお友達に


「ハグ」をされて

なぜか心が落ち着いた経験はありませんか?


それには理由があるんです!

「ハグ」による

効果ってすごいんです!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

なぜ「ハグ」が良いのか

「ハグ」をすると

ホルモン分泌によって心が落ち着きます


  • オキシトソン(ストレス軽減)
  • Bエンドルフィン(多幸感)
  • セロトニン(安心感)


オキシトソン


別名「愛情ホルモン」とも言われています


副交感神経の働きが活発になり

自律神経のバランスが整うので

ストレスの軽減につながります



Bエンドルフィン


別名「脳内麻薬」とも言われています


脳内で働く神経伝達物質の一種で

鎮痛効果や気分の高揚作用があり

幸福感が得られます



セロトニン


別名「しあわせホルモン」とも言われています


脳内で働く神経伝達物質の一種で

精神の安定や平常心を保つ作用があり

安心感を得られやすくなります


7秒の「ハグ」

「ハグ」の効果を得るのには

たったの7秒でいいんです!!


なぜ7秒なのか不思議ですよね!

それは、相手の体温が伝わるのが

7秒から8秒だからです

体温が伝わることでホルモンが分泌します


相手のぬくもりを感じるには

7秒以上の「ハグ」


実際に7秒「ハグ」をしてみると

短すぎず長すぎず

心が落ち着くのに必要な秒数です


たった7秒でストレス軽減や

幸福感を得ることができるなんて

やっぱり「ハグ」はすごいです!!


NGな「ハグ」

「ハグ」をするのにも

気をつけなければならない事もあります


嫌いな人とのハグ


「ハグ」での効果を得るには

誰でもいい訳ではありません


それはそうですよね…

ストレスが増えるだけです

嫌いな人に触れたくないですもんね…


相手の気持ち

お互いの信頼関係や

思いやる気持ちがない相手との

「ハグ」は逆効果です


せっかく「ハグ」で得られる効果も

ストレスを増やす原因になってしまいます


「ハグ」のある日常

「ハグ」を日常に取り入れる事で

たくさんの効果を得られます


おはようの「ハグ」

行ってきますの「ハグ」

ただいまの「ハグ」

おやすみなさいの「ハグ」


毎日の挨拶にプラスするだけで

自然と回数が増えます

そして習慣化する事によって

定期的に効果を得られ心も安定します


ストレスが多いこの時代にこそ

もっと「ハグ」をして

ストレス軽減をしましょう!!


最後まで読んで頂きありがとうございました🦩


この記事を書いた人
miku

三姉妹を子育て中のシングルマザーです。
活字離れ対策として絵本を推奨しています。
子供たちと一緒に絵本から学べる事、絵本レビューのブログサイトを運営しています。
日常に役立つ情報も発信している個人ブログです。
少しでもお役に立てることが出来たら幸いです。

🦩flamingomilkをフォローする🦩
スポンサーリンク
「width=”100”」
友だち追加
スポンサーリンク
友だち追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
🦩おすすめ🦩🦩体験談🦩
スポンサーリンク
スポンサーリンク
🦩flamingomilkをフォローする🦩
フラミンゴミルク

コメント

タイトルとURLをコピーしました